入学式と卒業式のスーツの違いは?周りのお母さんから浮かないために!

入学式の娘と母親

入学式の娘と母親

3月4月はお別れや出会いの季節。
子供さんのいるお母さんは入学式や卒業式でとっても忙しい時期ですね〜。

その入学式と卒業式ですが、
いざ参加するとなるとスーツをどうしていいのか困りますよね?


今回は入学式と卒業式に着ていくスーツの違いや、
周りのお母さんから浮かないために何がNGなのか?などをご紹介します!

 

スポンサードリンク


入学式と卒業式の違い

入学式も卒業式もどちらも「お祝い」の式典であり、
ハレの装いが適しています。

ただ、お祝いであるのには変わりないんですが、
ちょっと趣が違いまして・・・

入学式はこれから新しい先生や友人との「新しい出会いを迎える場」

これに対し卒業式は「式典の授与を行う式典」であり今までお世話になった方々との「別れ」の式であることから、
卒業式の方が格式が高く厳粛なものという認識が一般的なんです。

そのため、この式の趣旨の違いのために、
お母さん方が着るスーツにもちょっとした違いが出てきます。
その「違い」について説明していきますね!

 

大きな違いは色

なんとな〜く
入学式の方が「華やか」で、
卒業式の方が「厳粛」な感じだとは掴んでいただけてるかと思います。

このそれぞれのイメージがスーツの色に大きく関係しています。
まずは入学式から見ていきますね。

入学式の色は?

入学式に好んで着られている色は、
「白」「ベージュ」が圧倒的に多いです。
全国的に見てもこの2色が全体の30%を占めています。

次いで「黒」や「紺」、
「グレー」「ピンク」などの色が続きます。

が、入学式は華やかな舞台なので、
できれば黒や紺よりは、
白やベージュ、ピンクなどの色の方が式の趣旨に合っているのでオススメですよ。

あとは「淡い水色」や「淡いピンク」など、
全体的にパステルカラーであれば周りと浮くこともなく、
悪め目立ちをすることもない
ので迷ったら「淡い色」を選んでくださいね!

ただ「ピンクはちょっと・・・」と、
なかなか着づらい色ではありますよね(笑)

ちなみに入学式でNGな色は、
「赤」「緑」「青」「濃いピンク」「濃い紫」など、
”濃い目”のキツい感じの色が良くないです!

このタイプの色を着ちゃうと、
主役の子供達や周りのお母さんよりも目立っちゃうので絶対避けた方がいいですよ!!

 

卒業式の色は?

続いて卒業式の色を見ていきます!

卒業式は入学式と違って色がハッキリしています。
黒!紺!グレー!
この3色です。

これ以外の色を着る方は稀・・・というか、
着たら確実に浮くと思ってもらった方がいいかと。

卒業式は格式の高い式典のため、
最も高級で厳格な「黒」が適しており、
それに連なる紺やグレーが次いで選ばれている
んです。

ちなみに最近はけっこう紺色が人気なようですよ。
どこも黒やグレーよりも先に紺色が売り切れになっちゃうので、
目立ちすぎずお洒落にいきたい人は早めに紺色のスーツを手に入れるといいかもです。

 

他に違いは?

色以外のルールはほとんど一緒なので、
あとはちょっとした違いになります。

といっても本当に細かなポイントで、
「入学式のインナーの方がフリル付きが人気」だとか、
「卒業式の方が寒いためパンツスーツの方も多い」とかその程度です。

特に「そうしなきゃいけない!」というような違いはありません。

あとは先輩ママさん達から事前に情報をゲットしておいてくださいね!!
地域によっては「入学式でも全員黒色!」といった、
その地域の独自のルールがあることも・・・!

「知らずに大失敗…!泣」ということもあるので、
周りとの情報交換は絶対しておいたほうがいいです!

主役は子供達ですらかね、
TPOに合わせた装いで無難に乗り切っちゃいましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です