入学祝いののし袋の書き方・選び方!水引きや名前はどうする?

桜と鳥

桜と鳥

入学祝いののし袋・・・
いただいたことはあってもいざ贈る側になると、
「あれ?どうすればいいんだっけ?」
となりますよね笑

いざ準備をしに行ってものし袋にはいくつか種類があるし、
水引きもどれがどれだか・・・
と恥ずかしいですが全然分からなかったことを覚えています汗

今更人には聞けないですし、
こっそり勉強しちゃおう!ということで、
入学祝いののし袋の書き方や選び方、水引きや名前はどうしたらいいのかお伝えします!

 

スポンサードリンク


入学祝いののし袋の選び方!

水引きは?

のし袋を選ぶさいにまず需要なのが水引き!
これを間違うと大変失礼なことになってしまうので要注意です!

結び目には、
「結び切り」
「淡路結び」
「蝶結び」
とありますが(一般的なのは)どれを選べばいいのでしょうか?

正解は、
蝶結び 正解

左の「蝶結び」です。

右二つは結んだらほどけない仕組みになっていまして、
婚姻や弔事など一度でいいものに対して使われます。

たまに「淡路結びはどちらに使用しても良い」
と言われますが一度きりのことに使ったほうが無難です。

蝶結びは何度あっても良いことに使用するため、
入学祝いにはこちらを使うのが正しい
です。

くれぐれもお間違えのないように(私も)

 

金額でも変わる?

水引きの”結びの種類”は分かりましたが、
もう一つのし袋を選ぶ際のポイントがあります!
それは金額による違いです。

入学祝いの相場は?渡す時期はいつがいいの?
相場についてはこちら↑に詳しく書いておりますので気になる方はご覧ください。

簡単にまとめますと入学祝いの相場はだいたい5000〜10000円ほど。
10000円までの小額の場合、
のし袋は”印刷”のものを選びます。

のし袋

画像のように水引きが印刷されているものですね。

もし1〜3万円を贈る間柄であれば印刷のものではなく、
きちんと結びのあるものを選びましょう。


もっと豪華なのし袋を使いたい方もいらっしゃるかもしれませんが、
”のし袋の豪華さと中身の金額は同等”でなければいけません。

入学祝いがあまりに高額だと相手が困ってしまいますし、
豪華な袋に小額では失礼なので値段に合わせたのし袋を使いましょう!

 

入学祝いののし袋の書き方!

表書き

iwiaakamaruao

表書きはまず赤丸の部分に、
「御入学祝」または「御入園祝」
「祝御入学」

と書きます。

そして青丸の部分にご祝儀を渡す側の名前、
すなわちあなたの名前を書けばOKです!

連名の場合は?

夫婦で入学祝いを贈られる場合など、
表書きには連名で書くこともありますよね。

ご夫婦さんだと大抵の場合、
旦那さんを目上として書きますよね?
のし袋では右側に目上の人の名前を書きますので、

renmei

上の画像のように、
夫の名前を右に、妻の名前を左に書きます。
目上の方の名前を右側に書くのが基本と覚えましょう!

 

ただし!!!
宛名を書く場合は要注意!
宛名側に近い人の名前が目上になります。つまり・・・

renmeiatenaari

宛名は基本赤丸の部分に書きますので、
画像のように夫の名前が左、妻の名前が右になるように書きます。

重ねてになりますが、宛名に近い人が目上になるので気をつけてくださいね〜

中袋は?

1万円ぐらいまでののし袋だと、
中袋はついてない場合もありますが・・・

中袋を書く際は、
表書き⇒「金○萬円」「金○萬円也」
と書きましょう。

○には数字を入れますが、「一、二、三」といった漢字ではなく、
「壱、弐、参」とこちらの漢字で書くようにしましょう。

最後の「也」についてですが、
こちらはあってもなくても問題ないようです。

裏側の左下にはあなたの住所のお名前を書きましょう。
郵便番号まであると相手方も助かりますし丁寧で良いですよ!

ちなみに中袋とのし袋に記入する際は、
同じ筆記具を使って統一しましょう!

あとはお金を入れればバッチリです!
これでスムーズにご祝儀をお渡しできますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です