諏訪湖花火大会のチケットを買うには?当日の注意点も!

諏訪湖花火大会

諏訪湖花火大会

諏訪湖花火大会こと諏訪湖祭湖上花火大会がもうすぐですね!

毎年50万人もの人が訪れる
長野県最大急の花火大会です。

人口5万人の町に50万人が一挙に訪れるわけですから混雑は必至。
そこで今回は有料チケットについて。買うにはどうしたらよいか?
当日の注意点などなどを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



 

諏訪湖花火大会の日程は?

諏訪湖花火大会の日程は毎年8月15日の19時〜21時です。

お盆休みが重なるので本当に混雑します。
しかも2015年は土曜日。
さらに「出かけてみようかな」という方が増えるかもしれません。

打ち上げ数は約40000発と、
日本屈指のボリューム。

空に打ち上げられた花火が湖畔に写り、
周りの山々から反響する音が他にはない特別なもの
となっています。
日本一の花火大会だ、という方もいるぐらいです。

人気がありますのでとにかく凄い混みかたをします。
正直行ってみたいけどどうしたら良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか?



 

有料チケットは購入した方がいい?

疑問に思う女性

ここでは外から個人的に行こうと考えている人に向けて書いていきます。

有料チケットはいくつかあり、
値段も場所も違います。

値段も安いものではないので躊躇してしまうかもしれませんが、
行くのであれば買った方がいいです。

・ブロック指定席1200席(一口4000円)往復はがきによる抽選
2015年の応募期間は5月7日〜5月29日必着になるでしょう。
一人チケット10枚まで申し込みできます。※ハガキ1枚に希望数を書きましょう。

・有料自由席ローソン委託販売約6700席(一口3500円)
毎年7月31日か8月1日の午前中から販売を開始します。
一人5枚まで。

・有料自由席諏訪市文化センター販売約5500席(一口3000円)
これもだいたい7月31日の午前中から開始しますが、
外から来る人にはあまり関係がないでしょう。
(猛者はわざわざ買いにくるのかもしれませんが・・・)

・当日券約6500席(一口1000円)
当日の午前8時に販売開始になります。

が個人向けの販売です。
特別マス席の販売もありますが完全に企業向け。

さてこの中でどれがいいか・・・ですが、

当日券を狙うのは相当厳しいです。

現地に午前8時に合わせて到着するのがまず難しいですし、
あっという間に完売してしまうので、
前日に泊まるぐらいしないと県外から行く人には厳しいです。

「絶対に行く!」と決めているのであれば、
高いですがブロック指定席から順に挑戦するのが望ましいです。

抽選なので当たるかどうかですが、
ローソン委託販売などは一瞬で売り切れるの、
まだ勝算があります。

ローソン委託販売の争奪戦はいつも”平日”に開始なので、
働いている方にはなかなか入手しづらくなっています。

なぜ購入した方がいいかというと、
「場所取りがほぼ不可能」だからです。

それついて注意点と一緒に書いていきます。

当日の注意点

現地の混雑が半端じゃない

もともと人口5万人の町です。
そこに50万人もの人が押し寄せるのですから、
道路および町の機能は完全に麻痺します。

午前中から人・人・人!の状態になりますので、
有料チケットなしで場所とりをしようと思ったら早朝に行くほかないです。

運良く早朝についても、
地元の方々も一斉に場所とりをはじめているので、
土地勘がないと勝負にもなりません。


「場所取りがほぼ不可能」というのはコレが理由なんです。
地元の人には勝てません。

車から下りれるかも危うい

当日は駐車場を求めて彷徨う車で・・・
というかほぼ動けない車達で大渋滞になります。

駐車場を探している内に花火が終わってしまう・・・なんてこともざら。

山間なので主要道路も制限されており、
当日は午後3時から歩行者天国になる道路もあるので、
車での移動は困難を極めます。

なので現地に車で乗り込むよりは岡谷や塩尻に車を駐車して、
そこから電車で移動するのがベター
です。

電車も凄い混み具合ですが、
チケットを買ったのに会場まで行けなかった・・・なんて事態にはなりませんので。

 

当日の服装について

花火は浴衣と下駄で楽しみたい・・・
彼女の浴衣姿を見たい・・・
という方々も大勢いるかと思いますが浴衣と下駄はやめたほうがいいでしょう。

100m歩くのに10分以上もかかるような状態です。

下駄と浴衣では身軽に動けませんし、
周りの人の足に怪我をさせてしまうおそれもあります。

またもし転倒したら周りを巻き込んでの命に関わる事態にもなりかねませんので、
自分のためにも周りのためにも浴衣や下駄は避けたほうがいいでしょう。

またスカートも避けたほうが無難です。

有料席を取れたとしても膝を抱えて座るのがやっとのスペースです。
足を崩したりする余裕はありません。
そんな中スカートでは困ると思いますのでパンツスタイルが安心だと思います。

また夏場ですが夜は結構冷えますし、
天気が変わりやすいので雨の心配もあります。

傘を使えるようなスペースがありませんのでレインコートやカッパ類の持参と、
何か羽織るものを持っていくといいでしょう。

 

トイレにご注意!

会場周りに仮設のトイレがあるんですが常に人が並んでいます。
特に女性トイレは長蛇の列。

行きたい時になかなか行けないので、
会場に行く前やトイレを見つけた時は、
行きたくなくてもこまめに行っておくことをおすすめします。


 

最後に

なんども書きますが人混みが尋常ではありません。
また2013年ほどではありませんが天気が急に変わることもしばしば。

何があるか分かりませんので、
事前に準備はしっかりとしておいてくださいね。

「現地でなんとかなるだろ」
は絶対に通用しないのでお気をつけて!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です