浅草寺のほおずき市の由来は?なぜほおずきが売られるの?

ほおずき鉢

ほおずき

日本の初夏を感じる草市。

朝顔市や植木市など全国各地で様々な「市」が催されますが、
中でも特に有名なのが浅草寺のほおずき市ではないでしょうか?

今回は浅草寺のほおずき市の由来はなんなのか?
なぜほおずきが売られるようになったのか?
などを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



 

ほおずき市が開かれるのはいつ?どうして人が集まるの?

ほおずき市が行われるのは毎年7月9日、10日の2日間。
この9日と10日がとても大切な日なんです。

今でも縁日というのがありますよね?
色々な出店や行事があってお祭りとして皆さん認識していると思います。

が、

本来は神様に「縁」のある「日」だから縁日と呼ばれていまして、
その日に参拝するととてもご利益がある日のことを指すんですよ。

各月の18日が縁日とされていたんですが、
室町時代になると「功徳日(くどくび)」という、
さらにご利益がある日が決められました。

それも1回参拝することで百日分、千日分もの参拝に値するというもの・・・!

年に何日か功徳日はあるんですが、
その中でも千日詣と呼ばれる特別ご利益のある日が「7月10日」なんですね。

千日だけでもとっても多いですが、
1700年ごろ、だいたい江戸時代の中期になると、
今度は「四万六千日」と4万6000日参拝したのと同じご利益があると言われるようになったんです。



年に数えると約126年分!
そりゃ人がこぞって集まるわけですよね。

それは凄い人だかりができたそうで・・・

我れ先に「7月10日に参拝しよう!」と、
7月9日にはもう境内に入ってしまうせっかちさん達も多かったらしく、
7月9日も4万6000日分のご利益があることになったそう。


なかなかアバウトですね笑

そのため今では7月9日と10日の2日間が「四万六千日」ということになっています。
それにあわせてほおずき市も開かれているんですね。

なぜ4万6000日なのかは諸説ありまして、

人が病気にも罹らず健康で、
事故にも遭わずにいれば126年は生きれると言われており、
無病息災を願ってこの日数にしたという説。

米の一升分が4万6000粒なので、
これを人間の「一生」に見立てているという説。

などがあるんですよ〜

 

ほおずき市の発祥と由来。なぜほおずきが売られるのか?

ほおずき鉢

現在の浅草寺では120店舗ほどのほおずきのお店が出て、
それは凄い賑わいを見せていますが、
もともとはほおずきの販売だけではありませんでした。

浅草寺の「四万六千日」も他の縁日と変わらず色々な出店があったそうです。

それがなぜほおずきに絞られるようになったのか?

まず「ほおずき」とは「鬼灯」と書くように、
赤いぼんぼりのような見た目をしていますよね。
そのためあの世にいるご先祖様の霊を迎える提灯に見立てられたんです。

つまりほおずきは仏壇に飾っておいたり、
軒先に置いておくための盆用品として扱われていたんです。

ほおずきが全盛期を迎えるのはちょうど7月の初旬。
しかも江戸では7月にお盆を迎える。
縁日でほおずきを置いておけば飛ぶように売れたわけです。

また当時は薬草として親しまれており、
「ほおずきを水に鵜呑みにすれば、大人は癪を切り、子供は虫の気を去る」
と言われるほど。
(癪は今でいう胃癌のこと、虫の気は子供が寄生虫によって起こす腹痛のこと)

参拝にきた人が家族への手土産として買っていくことも多かったそうです。

このように当時の人たちの、
需要と供給がマッチしたためほおずきだけが売られるようになっていったそうです。

ことの始まりや由来を調べると、
庶民的なものもあって面白いですね〜

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です