お盆の提灯の意味!いつまで飾る?初盆は違う?

お盆提灯

お盆提灯

お盆と言えば提灯を飾るイメージがありますが、
どうして飾るかはご存知ですか?

なんとな〜く習慣でやっている人もいると思います。

今回はお盆の提灯の意味やいつまで飾ったら良いのか?
初盆は違う?といった内容をご紹介したいと思います!

スポンサードリンク



 

お盆の提灯の意味

ご先祖様が帰ってくるための目印

まず提灯の大切な役割はこれ。
ご先祖様が迷わず帰ってくることができるように目印としての意味があります。

昔、蛍光灯などない時代。
懐中電灯なんてありませんし、夜歩くのは大変ですよね。

そんな昔の人たちが明かりとして使っていたのが提灯です。

道を照らしたり、お店の軒先に出したり、
人を案内したり・・・

こういった使い方からご先祖様をお迎えするための意味が生まれたのでしょうね。

ちなみにお葬式で使った提灯をお盆で使うのはNG。
お葬式の提灯は故人の霊をあの世に送り出す意味があるので使ってはいけませんよ!

 

供物として最高のもの

お盆になると故人の知人や親戚など、
関係のあった人たちから贈りものをいただきますよね。
またはこちらから贈ることもあると思います。

果物やお菓子などが一般的なイメージですが、
お供え物の中でも提灯は最高のものとされています。

それは提灯が故人やご先祖様に対しての「感謝」を示す意味があるからです。

提灯はいくつ飾っても良いものでして、
たくさん提灯が贈られているほど周りから慕われていたという、
一種のバロメーターのような役割もありますね。

 

初盆では違う?

故人の四十九日の忌明け後、初めてのお盆のことを初盆、または新盆と言いますよね。

初盆では普段のお盆とはちょっと違って、
提灯は提灯でも白張りの提灯を使います。

初盆は亡くなった方が「初めて」帰ってくる時。
そのため「無垢」で「神聖」な色である白の提灯を使い、
迷わず帰ってこられるようにという意味があるんです。

正式には白の提灯にさらに家紋を入れたものを使います。

家の場所が分かるように玄関の軒先やお仏壇に飾ります。
マンションの方はベランダでもOKです。

 

いつまで飾るの?

提灯をいつからいつまで飾っておけばいいのか?

一般的に提灯を飾るのはお盆がある月の1日目から。

これはいつお盆かによって違いがあります。
東京は7月にお盆があり、
東京以外はだいたい8月にお盆があります。

つまり7月にお盆がある地域は7月1日から。
8月にお盆がある地域は8月1日から飾り始めます。


そして提灯を片付けるのは「送り火」を終えてから。
13日〜16日までが一般的にはお盆の期間です。

16日に送り火のためのお焚き上げをしたのであれば、
この後に片付けてもOKです。

お焚き上げまではなかなかできない人は、
区切りが分かりづらい人はだいたい17日以降に片付ければ問題ないですよ。

ただあまりにもだらだらと飾っておくと、
ご先祖様も困ってしまうのでお盆が終わったらできるだけ早く片付けましょう。

送り火といえばこれですね↓


 

最後に

お盆の習わしは地域によって様々です。
宗派によっても違いがあります。(浄土真宗や神道ではやることが少ない)

提灯に火を灯さず飾っておくだけでも「迎え火」「送り火」の意味がある、
なんてことも言われています。

実際つけっぱなしにすると危ないですからこういう考え方が生まれたのでしょうね。

これからさらに変わっていくかもしれませんので、
お近くのお寺さんや古くからお住まいの方に聞いて
地域特有のものがないか調べてみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です