父の日・母の日の予算はいくら?初めてプレゼントする時は?

アルバムを見る老夫婦

ギフト

父の日、母の日のプレゼントの予算はいくらぐらいなのか?

金額が全てではないですが、
世間はどの程度使っているのか気になるものは気になる!

あんまり安すぎても高すぎても・・・て思いますもんね。

ということで今回は父の日、母の日の予算の相場はいくらなのか?
特にどうしていいか分からない初めてプレゼントする時は?
といった内容でいきたいと思います!

 

スポンサードリンク


父の日、母の日の予算

電卓の1

何かと世の中では持ち上げられる「母の日」
それに比べて「父の日」はマイナーな印象がありますよね。

ちょっと不遇な立場にいる「父の日」さんですが、
これが予算にも反影されてしまうのか?!
というとそうでもありません。

どちらも大差なく、
1:上限5000円
2:上限10000円

でプレゼントしている人がほとんどのようです。

ここで重要なのが『上限』で決めているところ。
「5000円前後のもの〜」
「10000円近くのもの〜」
と決めているわけじゃないんですね。

最初に上限はいくらと決めて、
その範囲内で良いものがあれば安くでも問題ないというスタイルの方が多いんです。

誕生日とかクリスマスとかは、
上限ではなく下限で決めることも多いんですけど。(最低5000円はするもの!といった感じ)

この『上限』が父の日、母の日の特徴といったところでしょうか。

加えてこの上限額は送料も込み。
直接渡しにいけない方は送料込みで上限を決めている人が多数ですね。

ぶっちゃけてしまいますと、
もうお父さんお母さんの年齢だと高くて良いものは持ってますし、
値段ではなく気持ちで勝負するしかないのが本音です。

だから上限を決めてのアイデア勝負になるのでしょう。

あと多いパターンと言えば・・・

 

父の日と母の日を一緒に

アルバムを見る老夫婦

父の日と母の日を一緒にして、
まとめてプレゼントすることも。

そうなるとほとんどの場合1万円ぐらいに落ちつきます。
2人で5000円・・・では安すぎるかな?と感じるのが世間の感覚なようです。

”一緒に”の場合は、
旅行券やレストランでの食事が王道で人気です。
毎年この日にはこのレストランで!と恒例の行事にしている人も多いですね。

他には体験型カタログギフトなんかも最近は人気ですね。
夫婦水入らずで新しい体験をしてもらうのが好評みたいです。

 

初めてプレゼントする時は?

悩む新社会人

就職したてや離れて暮らしてみた時って、
「今まで気にしなかったけど何か贈ろうかな・・・」
とそんな気持ちになりますよね。

でも初めてって何かと難しい。
どうしたらいいか迷っている。

そんな方はどうしたらいいのかと言いますと。
『予算はいくらでもいいので”形に残るもの”』をおすすめします。

2000円でも3000円でも安くたっていいんです。
とにかく初めてプレゼントする時は形として残るものが良いです。

お母さんには化粧品やお菓子。
お父さんにはウィスキー。
といった消耗品もプレゼントとしては定番です。

が!!!

親にとって子供からの”初めて”のプレゼントは飛び上がる程嬉しいもの。
あまりに嬉しくて「使い切れない」んです。
無くなってしまうのが寂しいから。

こちらから見ると「使ってないからあまり良くなかったのかな?」とか思っちゃいますしね。

なのでお母さんには手鏡やエプロン。
お父さんにはハンカチやネクタイ。
といったド定番の形に残るものをプレゼントしましょう。

きっとお父さんお母さん、あなたにとってもかけがえのない思い出になるはずです。

特に「お箸」なんかいいですよ〜
普段使わないようなちょっと豪華なのは喜ばれますね。
毎日使いますし、使い込む程に味が出るのもGOOD!

ご参考までに!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です