赤ちゃんの暑さ対策!汗取りガーゼは使える?

母子

母子

赤ちゃんの暑さ対策・・・大変ですよね。

特に赤ちゃんが生まれて初めての夏を迎えるお母さんにとっては、
いろいろと心配でしょうがないと思います。

デリケートな赤ちゃんのためにもあらかじめ対策を知っておきたいですよね。

そこで今回は赤ちゃんの暑さ対策について!
汗取りガーゼは使えるのか?などをご紹介していきます!

スポンサードリンク



 

赤ちゃんはとても汗っかき

太陽に手をかざす

赤ちゃんってとっても汗をかきます。
気付いたら背中がびしゃびしゃになっていてびっくりしますよね笑

赤ちゃんなので体温調節がまだまだできないのもあるんですが、
それよりも汗腺の量が大きく関わっています。

実は生まれた時から汗腺の数は決まっていまして、
大人と赤ちゃんでも汗をかく量が変わらないんです。

大人は身体が大きいのでいいですが、
赤ちゃんの小さな身体では・・・
そりゃ汗でぐっしょりしてしまうわけです。

小さな身体で大人なみの汗をかいてしまうので、
アセモや風邪、脱水症状にならないかが心配です。

そこで対策をみていきましょう!

水分補給はこまめに!

麦茶

暑い時期はこまめにこまめに水分補給をしてあげましょう。
大人と同じだけ水分がでてしまうので赤ちゃんはカラカラの状態です。

汗が出るからと水分補給を控えるようなことは絶対いけませんよ!

離乳前は母乳だけで十分な水分補給だできるんですが、
離乳後はミルクや母乳だけでは足りなくなってきます。

そこで便利なのが麦茶です!

ベビー用の麦茶を使ってもいいですし、
普通の麦茶を煮出したものを”2倍に薄めて”飲ませてあげるのもいいですよ。

できれば作りおきした麦茶ではなくてその日作ったものを飲ませてあげてくださいね!

初めは変な顔をしてなかなか飲んではくれませんが、
そのうちに慣れてゴクゴク飲んでくれるようになりますよ。

なので麦茶デビューは暑くなる前に試したほうがいいですね
暑い日にいきなり飲ませようとするとなかなか飲んでくれなくて大変なので・・・

まだ暑くなる前にちょこっとずつ練習してみてくださいね!

 

ベビーカーより抱っこ

ベビーカーは大変便利ですが、
地面に近くなるためお母さんが感じる以上に赤ちゃんにとっては暑くなります。

ベビーカーにのっている赤ちゃんは、
天気予報に表示される温度より5度ぐらい高い温度のところにいると思いましょう。

日中35度を超えるような時は外出しないのが一番です。

どうしても外出する時は、
ベビーカーではなくできれば抱っこしてあげるのがいいですね。

あかちゃんにとってはこれだけで全く世界が変わってきます。
お母さんにとっては大変ですが、赤ちゃんのためにも抱っこをおすすめします。

 

汗取りガーゼは使えるのか?

汗取りガーゼは背中に入れておいて、
汗を吸ったらサッと取りだせるの使っている方も多いですが、
まだ使用してないお母さんにとっては便利なのかいまいち分かりにくいですよね?

正直な感想をいいますと、
背中の汗が多い子には便利です。

脇汗やお腹にも汗をかく子だと結局肌着は必要ですし、
着替えの量も変わりません。

むしろ汗取りガーゼの分洗い物が多くなるぐらいです。

なので背中以外にもたくさん汗をかくお子さんにはおすすめできませんね。
サッと取り出せますがサッと入れることはできませんし笑

お子さんの汗のかき方によって使うかどうか考えてみてくださいね。

 

固まらない保冷剤は便利

bosinote

赤ちゃんの火照りをとることができる保冷剤、
特に固まらないタイプの保冷剤はとても便利です。

チュチュベリーには紐で脇下に固定できるものが売っているので使いやすいですよ。

赤ちゃんはうまく体温調節ができませんから、
外から補助してあげるのが大切です。

ただし、保冷剤を使っている時はこまめに赤ちゃんに触れて冷えてないか確認してください。
身体が冷えているようなら外してあげましょう。

そしてまた暑くなってきたらつけてあげる・・・と、
大変ですが赤ちゃんの体温には気をつけてあげてくださいね。

 

エアコンも利用しよう

お母さんが寝苦しく暑くて辛いときには、
当然赤ちゃんも同じ状態です。

そんな時は我慢せずエアコンを使用しましょう。

エアコンを使うのを嫌がる方もいらっしゃいますが、
赤ちゃんが苦しんでいる時まで我慢する必要はありません。

昔よりもはるかに現代のほうが暑いので、
エアコンを使わないほうがいいという常識も変わりつつあります。

ただし直接風に当てるのは良くないので風向きには気をつけてくださいね。

余談ですが暑いからといってアイス枕のようなものは使わないほうがいいです。

後頭部が冷えると体温調節機能が衰えてしまいますし、
脳にも良くない影響があると言われています(大人も)

赤ちゃんの発育のため寝ている時に頭と首の後ろを冷やしすぎないようにしましょう。

 

最後に

固まらない保冷剤はいくつか持ち歩くのがいいですよ。

最近のベビーカーには保冷剤を差し込めるポケットがあったりしますし、
これなら赤ちゃんも快適に過ごせますからね。

他にもあらゆる所で重宝するので、
外出時は保冷バッグにいくつか持ってでかけることをおすすめします!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です