赤ちゃんの汗疹対策!その赤みはあせもじゃないかも?

泣いている赤ちゃん

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。
生後間もない赤ちゃんのお肌のトラブルはお母さん達の悩みの種ですよね。

とくに赤ちゃんは汗っかきですから汗疹がよくできる!
中には真っ赤になっちゃう子もいて本当可哀想でなんとかしてあげたい・・・

そこで今回は赤ちゃんの汗疹対策についてと、
赤みの正体は汗疹だけではなく他にもある!といった内容をご紹介しようと思います。

スポンサードリンク



 

赤ちゃんの汗疹対策

波紋

まず汗疹がどうしてできるのか?

赤ちゃんはとても汗の量が多いですよね。
その汗をほおっておくと汗によって細菌が繁殖するんです。

その繁殖した細菌がお肌の炎症を引き起こし汗疹になってしまうんですね。

つまり!!

汗させなんとかできれば汗疹を防ぐことができます。
赤ちゃんの暑さ対策についてはこちら

 

□赤ちゃんには薄着を

まずは赤ちゃんには薄着を心がけてください。
だいたい大人よりも赤ちゃんのほうが暑さを感じますし、
大人がちょっと寒いなと思っても赤ちゃんはだくだくと汗をかいていることがよくあります。

目安としては大人がちょうどいいと感じるよりも、
”一枚少ない衣類”でOKです。

赤ちゃんが風邪をひかないか心配になりますが、
冬でもモッコモコの衣類にする必要はありません。

赤ちゃんの顔が真っ赤になってしまうぐらい着込ませては、
冬でも汗疹になっちゃいますよ。

 

□サッと身体を洗うのが一番

生後間もない赤ちゃんはプクプクになってきますよね。

汗を定期的に拭き取ってあげても首のシワの間やお腹など、
しっかり拭いきれないことが多々あると思います。

面倒かもしれませんが身体を拭くよりも、
サッと身体を洗ってしまう方が確実です。

汗も洗い流せますし、
肌表面で増えた細菌も落とせるので汗疹対策には一番です。

ちょっとぬるめのお湯で流して上げるだけでいいですよ。

もうこれが答えといいますか、
ベビーパウダーをつけたりガーゼで拭いたりするより、
1日に2〜3回洗い流してあげるだけで劇的に改善しますよ。

 

問題は汗疹のような症状でありながら汗が原因ではない時。

どんな原因があるのか見ていきましょう!

 

摩擦

指をくわえている赤ちゃん

赤ちゃんの皮膚はとってもデリケートで、
”大気との摩擦”でさえ炎症を起こすことがあります。

こればっかりはどうしようもないので病院で見てもらうしかないんですが、
これが原因でお肌が荒れちゃっている子は年月が経つごとに肌が丈夫になって綺麗になっていきますよ。

対策といいますか、
病院でいただいたお薬の”塗り方”についてよくお話をきいてくださいね。

塗り過ぎたり、
良くなったから塗るのをやめたり、
いつも塗る時間が違ったりすると治るものも治りません。

聞かないと説明してくれないお医者さまもいるので、
しつこいぐらいに聞いてしまいましょう!笑

乾燥

干ばつ

あかちゃんの柔らかい肌に触れていると全く無縁のものに思いますが、
”乾燥”が原因で肌に赤みができる子もいます。

汗をいっぱいかくので汗疹だと思ってしまいますが、
乾燥が原因である場合保湿してあげると改善に向かっていきます。

見ただけでは分からないと思いますので、
やはり一度病院で診てもらうのが一番でしょう。

 

カビ、すすぎが足りない

シャワーヘッド

赤ちゃんの赤みは”カビ”が原因であることも。

病院で「カビですね」と言われるとショックを受けますよね・・・
清潔にしているはずなのに、なんで・・・って。

皆さん赤ちゃんの過ごす場所には細心の注意を払っていると思います。
それなのに「カビ」なんて聞くと罪悪感というか、
環境が不潔だと言われているようで落ち込んでしまいますが・・・

でも大丈夫です。
あなたの住環境が不潔なわけではありません。

赤ちゃんは汗っかきなので、
カビにとって最高の環境なのも理由ですが、
入浴時の洗い方が一番大きなポイント。

総じて「すすぎ」が足りないことがほとんどなんです。

まんべんなくせっけんで洗ってあげてから、
「これでもか!」というぐらい入念にすすいであげてください。

シワを伸ばして撫でながらじっくり洗い流すんです。
た〜っぷり時間をかけてください。

これだけで症状が改善できるはずです。

洗い流した!と思っても案外せっけんの成分は残っているものでして、
それがカビの温床になったり肌荒れの原因になってしまうんですよ。

お風呂上がりにはしっかり水気を拭き取ってあげれば完了です。
だんだん赤みもひいていきますよ!

最後に

最後に書いた「すすぎをしっかり行う」ことはどの症状の時も非常に重要です。

丁寧に丁寧に赤ちゃんのからだを洗ってあげてくださいね。

生後間もない時期は本当に大変ですが、
旦那さんの助けも借りながら頑張ってくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です