熱中症になる前の予防と対策!なってからでは対処が違う?

水を飲む女性

水を飲む女性

だんだんと暑くなってきましたね〜
そろそろ心配になるのが熱中症

今までなったことないからといって甘く見ていると大火傷!
大事にいたる可能性もありますからね!

今回は熱中症になる前にやっておきたい予防と対策についてご紹介します!
あとは対処法!実は”予防”と”対処”では方法に違いがありますのでそこについても詳しく書いていきたいと思います!

スポンサードリンク



 

熱中症の予防と対策

ここでは熱中症になる前、
熱中症にならないようにするための予防と対策を書いていきます。

”熱中症になってからはやらないで!!”という内容もありますので、
ご注意くださいね!

まずは水分!

ペットボトル

何を置いてもまずは水分補給が一番!
これなくしては予防もなにもありません。

ちょっとでも「暑いな〜」とか、
「汗かいてきたな」と感じたらこまめに水分を摂るようにしてください。


喉が乾いたと感じる頃には内蔵も血管も水分カラカラです。
水分がなくなるほど血液もドロドロになるので熱中症のリスクが非常に高まります。

また飲むのであれば「水」ではなく、
塩分や糖分、ミネラルを含んだものがいいでしょう。

スポーツ飲料を3倍に薄めたぐらいがちょうどいいんですが、
いかんせん美味しくない・・・ので、
水とスポーツ飲料を交互に飲んでもOKです。

あとは薬局に売っている経口補水液もいいです。
人が最も吸収しやすい状態に調整してあるので、
症状が出てからでも非常に効果的。

暑い空間に長くいるときは、
是非一本は携帯しておきたいですね。



 

普段は身体を冷やさない

シャワー

暑いと冷たい飲み物やアイス、冷たいシャワー、冷房など、
とにかく身体を冷やしたくなりますが”予防としてはNG”

身体を冷やしてばかりだとかえって熱中症に対する抵抗力が弱くなります。

冷たいものばかり食べていると胃腸が冷え機能が衰えます。
そうなるとせっかく摂ったミネラルや水分、栄養をしっかり吸収できなくなるので、
夏バテになりやすくなり暑さに弱い体質になってしまいます。

また冷たいシャワーを浴びたあとって身体が火照ってきませんか?
身体は冷えると必死に温めようとします。
これでは身体を温める能力ばかりが強くなり、身体を冷やす機能が衰えてしまいます。

「アツイアツイ・・・!」と身体を冷やしてばかりではいざという時に身体を冷やせないので、
普段は常温の物を飲んだりいつもと変わらない温度のシャワーを使用しましょう。

ただし!!

気温が体温と同じくらいもしくは超えている場合は逆効果!
この気温では身体を自然に冷やすのは難しいので冷たいシャワーを浴びたり、
冷房を使って身体を冷やしてくださいね!

 

汗をかける体質にする

汗を拭く女性

上記と内容が若干被りますが、
熱中症の予防のためには”汗をかけるようにしておく”のが大切です。

冬の期間は身体を冷やす必要がないので、
汗腺が休眠状態なんですが、
これが春になって温かくなってくるとだんだんと機能を戻していきます。

ですが冷房ガンガンの空間で生活していると、
暑い季節なのに汗をかく必要がないため汗腺はどんどん衰えていく
んです。

運動したりお風呂に入っているのになかなか汗をかけない人は要注意。
すでに熱を逃がせない体質になっています。

これではいざ外出が多い時や、
炎天下での用事がある時に汗をかいて身体を冷やせません。
大変リスキーな状態です。

汗腺を復活させるために、
ヨガなどの発汗しやすい全身運動をしたり、
岩盤浴や半身浴、足浴をして汗腺に刺激を与えてください。

あとは全身を軽く叩いたり、
軽くさするだけでも汗腺に刺激を与えられます。

あとはスパイスの効いた料理を食べるのもいいですね。
ポッポッと身体が暑くなる食べ物をちょくちょく戴きましょう。

 

ローションやクリームを減らす

美容クリームと手

ローションやクリームは皮膚を被ってしまうので、
皮膚呼吸の妨げになりますし汗腺も塞いでしまいます。

皮膚呼吸でも身体は熱を逃がしているので、
塞いでしまうと身体に熱が籠ってしまいます。

とはいっても全く塗らない!というわけにもいかないと思うので、
就寝前だけにするとか、出かける前は薄めにするといった形で少し量を減らすようにしてください。

冬なみにガッツリぬってしまうと、
熱中症のリスクが高まりますので!

 

首の後ろや頭を冷やしすぎない

氷

脇の下や首の後ろなどを冷やすと、
す〜っと身体が冷えてラクになりますが、
首の後ろはお勧めできません。

首の後ろには脳幹や自律神経の中枢などが集まる大切な場所。
ここには体温調節の機能もあります。

体温調節の機能がある場所を冷やすとどうなるか?

身体が”今は暑くない”と勘違いしてしまうんです。
そうなると身体は暑いのに汗が引いてしまい、
ひんやりしている感じはするのに身体には熱が籠っている・・・なんて状態に。


冷やしすぎると体温調節機能も狂ってきますし、
脳への影響も良くありません。

太い血管が通っている脇の下なども、
普段はあまり冷やしすぎないようにしましょう。

ただし!!

熱中症の症状が出た場合は、脇の下や太ももの付け根などに氷を当て冷やしてあげてください。
首回りを冷やす場合は、首の後ろではなく”前”を冷やすようにしましょう。

症状が出た時はとにかく身体を冷やすことです。
予防とは違うのでご注意くださいね!

 

最後に

今回書くと多くなりそうだったので書きませんでしたが、
熱中症予防の食べ物もいろいろおすすめがあります。

また次回ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です