髪の湿気対策!うねる原因や広がるくせ毛を防ぐには?

濡れた髪

濡れた髪

湿気が多くなると困るのは髪。

うねるし広がるし、せっかくセットしておいたのがお昼頃には台無し・・・

乾燥している頃は問題なく1日キープするんですけどね〜

乾燥肌なので湿気がないとないで「ムキィィィィィ!」となっちゃうんですが(笑)

今回はうねる、広がるくせ毛を防ぐにはどうしたらよいのか?

髪の湿気対策についてご紹介します!

スポンサードリンク



 

湿気によってなぜ髪がうねる・広がるのか?

1.髪の毛に含まれる水分量が均一じゃない

まずはこれ。
髪の毛の水分量です。

健康的な髪はだいたい7〜11%ぐらいの水分を”均一”に保っているんですが、
髪の1本1本すみずみまで!・・・となると難しいですよね。

くせ毛や髪がうねる人は髪の水分量がまちまちなんです。

しっかり保水している髪もあれば、
乾燥してキュッ!となっている髪もあるためにうねうね〜としたり、
ブワッと膨らんでしまうんです。

 

2.キューティクルが痛んでいる

上記の水分量が不均等なところに追い打ちをかけるのが、
”キューティクルの痛み”です。

キューティクルは薄い細胞片で、
髪を鱗のように被って保護しています。

ですが紫外線やブラシの強い刺激、
熱やパーマなどあらゆる要因で剥がれて痛んでしまいます。

湿気が多い日に困るのは、
この剥がれた所から水分を吸ってしまうからなんです。

キューティクルが剥がれた所だけグングン水を吸うもんですから、
髪がうねったり、急に広がったりします。

髪が気になる

 

3.頭皮の状態が良くない

”頭皮の状態”によって湿気の影響の受け方が変わってきます。

適度に肉厚でたるんでいない健康的な頭皮であれば、
毛根は綺麗に並び髪の毛はまっすぐ生えてきます。


が!!

加齢や疲労、食生活や体の状態によっては、
頭皮がたるみ毛根が歪んでしまうんです。

そうなるとまっすぐ生えていた髪の毛が斜めに生えてきたり、
カールしながら生えてきたりと無法地帯に・・・

朝頑張ってセットしても毛根から歪んでしまっているものですから、
湿気の影響を強く受けてしまいボワっと膨らんだり、
反対にぺたぁ〜〜とボリュームが無くなってしまったりするわけです。

 

原因が見えてきたので、
次に対策方法についてご説明します!

 

髪の湿気対策

髪の水分を逃がさない

椿

髪の水分が均等じゃないのは髪から水分が逃げているからです。
特に逃げていくのはお風呂に入って後の「寝る時間」

寝ている間にガンガン髪の水分は抜けていくんです。

それを防ぐためにヘアオイルです!
「そんなのいつもしてるよ〜」
と思われるかもしれませんがポイントは最後の一押しです。

髪を乾かした後全体にオイルを馴染ませると思いますが、
1度つけるだけではなく”触ってみて全体が均一になるまで”オイルを塗るようにしてください。

そして!!

全体に馴染んだら「もう1回」髪にフタをするようなイメージでオイルをつけてください。
これでしっかり髪にフタができるので寝ている間に水分が抜けていくのも、
湿気が髪に入ってくるのも抑えることができますよ♪

 

ドライヤーは根元から

早く乾かすために下からドライヤーを当てたり、
髪を持ち上げて内側から当てたりすると思いますがこれはNG。

髪の根元、できれば頭頂部あたりから毛先にかけてドライヤーを当てるようにしましょう。
そうすることでキューティクルを痛めずに乾かすことができます。

髪の内側が気になると思いますが、
これもできるだけ外側から乾かすようにしてください。
ここに気をつけるだけで格段にクセがつきにくくなりますよ!

7〜8割乾いたら上記のようにヘアオイルをして保護してあげてくださいね!

 

雨に負けないセットの仕方

髪を固定するためにケープなどのスプレーを利用しますよね。

多くの人は直接髪にスプレーして固定していると思いますが、
雨に負けないためには・・・

1、クシにスプレーする
2、クシを髪に対して平行(寝かせるようにして)にとく

これだけで湿気で広がるのもうねるのも格段に抑えることができますよ!

やり方↓


 

頭皮マッサージをする

ヘッドスパ

頭皮の状態を改善するために、
「湯船に浸かりながら頭皮を揉む」ことをおすすめします。

頭皮の状態が良くない人は、
だいたい頭皮がガチガチに固まっています。

これでは頭皮に血液や栄養がいかないので、
髪の毛の生え方だけでなく髪質も低下
してしまいます。

あとできれば肩凝りや首の凝りも解消してあげましょう。

直接関係ないように思いますが、
肩、首が凝っていると頭皮まで血液が流れていかないんです。
頭皮が硬い人は肩凝り首凝りもセットなので運動や整体でほぐしておきましょう。

 

最後に

雨が多くなってくると湿気が本当に困りますね。

この時期を乗り切る髪型としてラクなのは、
ショートにしてしまうとか、
おでこを出すのが気にならなければ「ポニーテール」や「ポンパドール」にするのもおすすめです。

男性の場合はスポーツ刈りぐらい短くしてしまうとか、
ツイストパーマやピンパーマをかけると広がりやうねりが目立たなくなりますよ!

髪型で気分転換しながら対策するのもいいですよ〜

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です