五月病の原因や症状は?治し方はあるの?

頭を抱えた男性

頭を抱えた男性

五月。
新年度を迎えハツラツとしていた四月と比べ、
なんだかやる気が出なくなる時期・・・

「私五月病かも・・・」
なんて感じる方が多くなりますよね。

今回は五月病の原因や症状、
治し方はあるのか?書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



 

五月病って何?

疑問に思う女性

五月になって急に気力ややる気が無くなること、
イライラや不安、焦りが強くなることを五月病と言ったりしますが、
医学的には五月病という病気はありません。

でも実際に、五月に上記の症状を訴える・感じる方が増えるので、
五月病という言葉が一般的に認知されているんですね。

混同されがちなのがうつ病ですね、
けっこう症状が似ているため間違えやすいんです。

本当はうつ病なのに五月病だと勘違いするのが一番まずいです。

 

五月病の原因は?

馴染まない

五月病という病気はありませんが、
五月病といわれるこの症状は医学的に「適応障害」と言われています。

新入生や新入社員、
新しい環境に飛び込んだ人たちが特になりやすいと言われていますね。

4月には他にも部署替えや転職、転勤。
環境が大きくかわる時期。

4月は緊張感があるので感覚が麻痺していますが、
この間に環境に適応できなかったり、
理想と現実のギャップを感じたりすると強いストレスを体が感じます。


この強いストレスがうつ状態に近い精神的症状を引き起こしてしまうんです。

ざっとまとめてしまうと、
五月病の原因は「環境の変化による精神的なストレス」です。

五月はGWがあるため、
生活リズムが狂うのも大きな要因。
特に大きな仕事を残してGWに入ってしまうとじわじわと精神を削っていくので五月病(適応障害)の症状がでやすくなります。
できる限り四月までにあらかた仕事を終えておきましょう。

 

具体的な症状は?

動悸

具体的な症状にはどんなものがあるのでしょうか?
実は精神的なものだけでなく肉体的・行動面にも症状がでます。

精神的には
・不安感(このままこの仕事を続けていいのだろうか?等)
・無気力感(やらなきゃいけないことを消化できない)
・焦り(自分だけ環境に馴染めていないのでは?等)
・緊張(出勤・登校時に変にドキドキする)

肉体的・行動面には
・動悸が激しくなる
・飲酒や暴食が激しくなる
・攻撃的な行動が増える(けんか腰になったり、物を粗雑に扱う等)
・汗を多くかくようになる
・めまい
・緊張して手が震える
・胃が痛む
・不眠

こういった症状が現れます。
肉体的・行動面にまで症状が現れると非常にやっかいです。

次は治し方についてお伝えします。

 

治し方はあるの?

ハーブティー

五月病・・・適応障害の段階であれば、
自分の好きなことをやってストレスケアを行ったり、
体のリフレッシュを行うと自然に回復していきます

なのでそれほど心配する必要はありません。
「五月病では・・・」「うつ病なのでは・・・」
心配する程より症状が重くなることもあるので気軽に構えるのが大切です。

だいたい1〜3ヶ月後には治っていますので心配しないでくださいね。
それでももし半年経っても治らない、
といった場合はうつ病の可能性があるので1度病院で診てもらうことをお勧めします。

具体的なリフレッシュ方法は
・ハーブティーを飲む(カモミールがおすすめ)
・気の置けない友人とだけ関わる、話をする
・2chやネット上のコメントを見ない(一部の攻撃的文章を避ける)
・軽く汗をかける程度の運動をする
・趣味を作る
・趣味があるなら一つ上の目標を作ってみる
・ストレスを吐き出すための日記をつける
・ちょっと奮発して美味しいものを食べる(暴食はダメ)
・散歩をする(座禅と同じぐらい悩みのデトックスになる)

こういった方法を試してみてください。
他にもストレス発散になることだったらどんどんやってくださいね。

五月病は新入社員や新入生だけがなるものではありません。
生活リズムが崩れる時はいつでも症状がでる可能性があります。

うつ病と違って自分で症状を緩和することができるので、
自分で自分を調整していきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です