しみ・そばかすを消す方法!自宅でやりたいならコレ!

肌悩み

肌悩み

しみ、そばかすは何としても消したい・・・
化粧で隠せるとは言っても、やっぱり周りの視線は気になるもの。

前回はしみ・そばかすができる原因についてご紹介しました。
メラニンやターンオーバーの乱れのせいで肌に沈着するんでしたね。

そこで今回は消す方法!
レーザー治療とかもありますけど、
できれば大事は避けて自宅で治したいですよね。

ちょっと時間はかかりますが、
自宅でしみ・そばかすを消す方法をご紹介しますよ〜

スポンサードリンク



 

毎日日焼け止めを塗ろう!

強い日差し

メラニンは紫外線からお肌を守るために生成されます。
メラニンがないとお肌がボロボロになってしまうのでとても大切なんですが、
ターンオーバーがうまくいかないとしみになっちゃうので困りもの。

そうならないために、
そもそもメラニンを生成しなくてもいい状態にすることが大事です。

春温かくなってきた頃から夏にかけて、
晴れた日に外出する時なんかは凄く紫外線を気にすると思うんです。

では冬の寒い日や、
全く外出する予定のない日はどうですか?

たぶん紫外線なんて気にしていないのではないでしょうか。

しかし。それではせっかく綺麗になったかもしれないお肌を台無しにしています。

しみ・そばかすに悩んでいるなら毎日日焼け止めを塗りましょう。
それも1年中!どんな日でもです!

冬は確かに日差しは少ないですが、
しっかり紫外線は降り注いでいます。
それに1日中家の中にいるとしても紫外線は浴びているんですよ。びっくりしますよね。

徹底して日焼け止めを塗れば、
だんだんとお肌は白くなっていきますよ♪

 

ビタミンとタンパク質をしっかり摂ろう!

生ハム

しみ・そばかすを消すためにはターンオーバーが正常に行われる必要があります。
正常であれば本来、28日間でお肌が入れかわり白く綺麗なお肌に戻るはずだからです。

しみができてしまうのはこのターンオーバーが上手くいってない証拠。
まずはここを改善しなくてはなりません!

そのためにはビタミンとタンパク質をしっかり摂ることが大切です。

日本人の食事はタンパク質が不足しがち、
特にお肉は避けちゃう人も多いですよね。

それではいけません!
タンパク質はアミノ酸に変わり、
アミノ酸はお肌に欠かせないコラーゲンになる
んです!

タンパク質を摂っていないと、
ターンオーバーは乱れるし、ハリやツヤまで無くなってきますよ!恐ろしい…!

タンパク質を摂ったら今度はビタミン。
ビタミンB群はアミノ酸が細胞に変わるのを助けてくれますし、
ビタミンCはコラーゲンの生成を促します。
そしてビタミンEは体の隅々までアミノ酸が働けるように補助する役割があります。

しみ・そばかすを消すためには、
この3つのビタミンをしっかり摂りましょう!

ビタミンCは水溶性のため体に溜まりにくいので、
こまめに摂ることを意識してください。
ビタミンC入りの飲み物を水筒にいれて少しずつ飲むのが効果的ですよ!

 

絶対にお肌に触らない!

赤ちゃんの横顔

メラニンは紫外線で生まれますが、
物理的な刺激でも生成されてしまいます!

しみやそばかすが気になってついつい触っちゃうことがあると思いますが、
ますます濃くしてしまっているだけ。

化粧や洗顔をする時でも優しく優しく触れるようにして、
極力刺激を減らすように
しましょう。

寝る時もうつ伏せや布団に潜ってしまうのはNG。
仰向けで顔は出し肌がこすれてしまう状態をなくしましょう。

自分の顔を赤ちゃんの肌を扱うような気持ちで、
オーバーなぐらい優しく扱ってあげてくださいね!

 

首周りのコリをとる!

首の疲れ

現代人のほとんどが肩凝りです。
常にガチガチゴリゴリの人も多いですよね。

一緒に首の周りも硬くなっているのにお気づきでしょうか?
肩は自分でも揉んだりしてケアすることはありますが、
首の周りはなかなかやらないですよね。

しかし首の周りが硬いままでは血液やリンパの流れが悪くなり、
顔の新陳代謝が低下
します。
老廃物も溜まり肌の色がくすんでくるので最悪極まりないんです。

コリをとるために、
首の横にオイルを塗って”顎と耳の付け根”あたりから下に向かって撫でてあげましょう。
特にこってるな〜と感じる部分もよく流してください。

硬い所を揉むだけでもいいですよ!

顔に血液が巡ってくるので、
肌のターンオーバーが改善されますよ〜!

最後に

たったこれだけですが、
最低1ヶ月は続けてみてください。

お肌のターンオーバーは28日間で1サイクル。
1ヶ月は続けないと効果が出てこないんです。

続けるのは大変ですが頑張ってくださいね!
ある日ぽろっとシミがとれます。
もうあの快感はなんとも言いがたいですね!!

そんなに長く続ける自信がない人は、
「カソーダ」を使ってみるのもいいかもしれません。

お肌に優しい方法をのみを紹介したかったので上記には紹介しませんでしが最後にちらっと書きます。
短期間でシミがとれます。ほくろとかも。

重曹とひまし油を2:1の割合で混ぜると作れるのでお手軽なんですが、
シミに塗るとヒリヒリしてきます。

効いてる証拠なんですが、
やっぱり不安にはなりますよね。

ヒリヒリした所が1週間ぐらいかけてだんだん黒っぽくなって、
最後はカサブタみたいにポロっととれます。

私は効果があったんですが、(太もものシミがとれた)
当然個人差があるものです。お肌を痛める人もいるでしょう。
でも即効で治したい!他ではダメだった!という方は試してもよいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です