しみ・そばかすの原因は?肌に良くないのはコレ!

しみに悩む女性

しみに悩む女性

しみやそばかすの原因はなんでしょうか?
朝鏡を見ると急にできてたりして
「え〜〜!なんでーーー!!」とびっくりしますよね・・・

実はしみとそばかすは一緒なようで、ちょっと原因が違うんです。
今回はしみやそばかすがどうしてできてしまうのか、その原因について見ていきたいと思います!

 

そばかすは遺伝?

親子の手

しみとそばかすには違いがありまして、
そばかすは先天的な遺伝であることがほとんど。

お父さんやお母さんが子供の頃にあった場合はその子供もそばかすになる可能性大ですし、
お父さんお母さんになくてもご先祖に誰かそばかすの人がいればできることもあるんです。
特に色白の家系の人はできやすいですね。

こればっかりは遺伝なのでどうしようもないですが、
シミと違って加齢と共にだんだんと消えていきます。

「でも年を取ってからそばかすみたいなのできたよ?」
という方もいると思います。

その場合
(1)そばかすっぽいシミができてしまったのか
(2)気付かないぐらい薄かったそばかすが濃くなってしまったか
のどちらかだと思います。

そばかすがだんだん消えていくと言っても次にお話しする”しみの原因”になることをしていると、
(2)のようにそばかすが消えずに濃くなることもあります。恐ろしい!

そうならないためにシミの原因をご説明しますね!

 

しみの原因は?

先ほども書いたようにそばかすは先天的なもの、
しみは後天的なものです。

しみができるのは”生活のどこかに原因がある”ということ。
まず代表的なのはこちら。

紫外線

紫外線の強い海

もっともポピュラーな原因はコレ。

紫外線が肌にあたると、
体は防御するために「メラニン」を生成します。

メラニンが生成されればされるほど肌は黒くなります。
プールや海で太陽光をたっぷり浴びると黒くなるのはこのためです。

メラニンが少ないと太陽光を吸収できず、
紫外線が肌の奥まで入り込み大事な「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を破壊するので、
メラニンはとっても大切な存在です。

メラニンは肌の基底層(肌の一番奥)で作られまして、
肌の28日間のサイクルに合わせてだんだんと排出されていきます。
1ヶ月ぐらいで白くなっていくのはこの周期のため
なんですね。

ただこのメラニン。
肌のターンオーバーが上手くいかないと稀に肌の奥に残ったままになってしまいます!
これがシミです。

また紫外線は肌を酸化させてしまい、
これまた肌のくすみやしみの原因になってしまうので、
紫外線は極力防ぐに限ります。

 

不規則な睡眠・睡眠不足

寝ている女性

肌のターンオーバーが上手くいかないとしみができるのですが、
そのターンオーバーを狂わせているのは生活の中にあります。

代表的なのは睡眠不足
睡眠が足りないとそれだけお肌の回復する時間が減ってしまいます。

特に私が警鐘を鳴らしたいのが不規則な睡眠です。
いつも寝る時間がバラバラになっていませんか?

22時〜2時までをお肌の黄金タイムと言いますが、
それは体内のリズムが整っている人の話。

普段寝る時間がバラバラだと、
寝てもお肌を回復してくれません。

 

ストレス

追い込まれた女性

現代はストレスだらけですが、
「はぁ〜嫌だなぁ」と毎日感じるぐらいの人は要注意。

ストレスはなんとなく肌に悪いイメージはありますが、
なんでしみと関係あるのか不思議ですよね?

実はストレスがかかると、
体はそのストレスを処理するために「ビタミンC」を大量に消費
します。

ビタミンCはお肌にとっては欠かせないもの、
コラーゲンを作ったり、お肌を白くしたりと美容のため働き詰めです。

ストレスが多い人はビタミンCが常に在庫切れの状態。
これではシミはより濃くなっちゃいますし、
肌はくすんできてしまいます。

 

最後に

いかがでしたか?
もっと原因は細々とあるんですが代表的なのはこの3つです。

なんとなく対処の方法が見えていると思いますが、
次回は「しみ・ソバカスを消す方法」について具体的に書いていきたいと思います。

気になる人は是非!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です